皆さんはダイエットに関して”きつい”と思ったり、”私には出来ない”と思ったりしたことありませんか?又、自分のカラダに諦めていませんか?

今回は、そんな悩みを解決出来る内容となっておりますのでご興味があればぜひ最後まで読んでいただければと思います。では行きましょう!

【目次】

1)ゴールを定めて、逆算しよう

2)1日のリズムをつくろう

3)バランスの良い食事に切り替えよう

4)まとめ

【ゴールを定めて、逆算しよう】

まず、私のお客さまの話になりますが、お客さまと初めてカウンセリングをする際に、一番最初にやることは「ゴールを定めること」です。

なぜなら「ゴールがあると何から行動していいかが明確になる」からです。

みなさんは、部活動、あるいは何かに全力で取り組んだことはありますか?

たとえば部活動でいうと、最後の大会前に「絶対に勝つ」というゴールを設定してキツい練習を乗り越えたり、辛くても最後までやり切ったりするなど、普段以上に努力して練習した経験をイメージしていただければと思います。

ダイエットも同じように、まずはゴールを定めることが大切です。

ゴールとは「いつまでに体重を◯◯kgにする(マイナス◯kgを達成する)」という具体的な指標を指します。

ちなみに私も現在、パーソナルトレーナーとして活動していますが、かなりの怠け者です。私の場合、今年の8月8日にボディーメイクの大会があります。そのためにダイエットをしないといけないのですが、普段からたくさん食べてしまいます。今はその大会に向け、みなさんと同じようにダイエットに取り組んでいます。

私のゴールは「8月8日までに13kg痩せる」ことです。

そのために、トレーニングと食事制限に取り組んでいます。

このように、ゴールを定めるとその日までにやるべきことを逆算して何をしないといけないのかが明確になります。

みなさんのゴールはなんですか?ぜひ紙に書いて明確にしてみましょう。

【1日のリズムをつくろう】

ダイエットをする上で欠かせないのが、1日のリズムをつくることです。

1日のリズムが乱れていると、以下のようなことが起こる確率が高まります。

☑️なかなか疲れが取れない

☑️たくさん食べてしまう

☑️あまり寝つけない

☑️不安やだるさを感じてしまう

1日のリズムの乱れは、こうした身体への悪影響を与えてしまうことがあります。リズムを整えるために、ストレスフリーなダイエットを心がける必要があります。

私が、普段からお客さまにお伝えしていることは「就寝時間と起床時間を一定にする」です。リズムをつくるきっかけは、決まった時間に決まったことをすることです。そうすると、身体が調子を整え、リラックスした生活習慣になります。最初は意識するだけでも大丈夫です。ぜひ就寝時間と起床時間を一定にして過ごしてみましょう。

【バランスの良い食事に切り替えよう】

リズムの次に大事なのは、食事です。ダイエットをする上で、食事はとても重要です。食事について避けたいことが、過度な食事制限です。

このブログをご覧の方で過度な食事制限をして失敗した方もいるのではないでしょうか。

今回は、私がオススメしている栄養素について解説していきます。

主に3つあります。それはタンパク質、食物繊維そしてビタミン・ミネラルです。

まずタンパク質から解説します。人間は体内の70%が水分でできており、20%がタンパク質、10%が脂肪で構成されています。

タンパク質が十分に摂取されていないと太りやすい体質になる場合があります。なぜなら運動や呼吸はもちろん、友人と会話したり食べたものが腸内で消化されたりする行為はすべて筋肉が働いているからです。

筋肉の源はタンパク質です。このタンパク質が、私たちのカラダを動かしているといっても過言ではありません。

筋肉の源がなければ筋肉はつきませんし、代謝の低下によって太りやすくなってしまいます。ダイエットはもちろん、普段の健康意識をつけるためにもまずタンパク質の摂取を心がけるようにしていきましょう!

続いて、私がオススメするタンパク質を含む食材を紹介します。

・鶏肉

・お魚

・卵

これら3つをバランスよく摂取していただければと思います。

例えば、朝は卵1個は必ず摂取しお昼は鶏肉を100gを摂取する、夜はお魚(鮭の切り身)を1尾たべるなどです。このようにタンパク質を偏らず複合的にタンパク質を摂取するのもダイエットには効果的です。

次に、食物繊維です。

これは、先ほどのタンパク質と同じくらい大切な、腸内環境を整えるという役割があります。

食物繊維とは、人の消化酵素によって消化されにくい食物に含まれている難消化性成分のことです。消化酵素の影響を受けず、カラダに行きわたる栄養素と思っていただければと思います。

この食物繊維を摂取することで、排便を促す効果や腸内環境を整える効果が期待できます。特に、便秘に悩まれている方やお腹の調子が悪い方は、食物繊維を積極的に摂取するように心がけていきましょう。

食物繊維について、私のオススメする食材は、

・きのこ類

・わかめなどの海藻類

これらはお味噌汁で手軽に摂取できます。ぜひ実践していきましょう!

たとえば、なめこの味噌汁にわかめを入れるだけで、食物繊維が豊富な味噌汁の完成です。

ぜひ日頃の食事に食物繊維を取り入れていただければと思います。

最後に、ビタミン・ミネラルのご紹介です!

日本人のほとんどがビタミン不足と言われています。私自身もビタミンミネラルは本当に大事だと思っております。これには2つのメリットがあります。

・食欲が満たされる

・カラダの良い調子が保てる

ダイエットにおいて、一番の強敵は食欲と誘惑です。少しでも食欲を抑えていきたいときは、一回の食事に適量の野菜を摂取していきましょう!私のオススメは、緑色の濃い野菜を積極的に摂取していただければと思います。

その中でも、ブロッコリーやピーマン、アスパラ、ベビーリーフなどは栄養価が高いため、私も毎食必ず摂取するように取り組んでいます。

また、ブロッコリーはビタミンの豊富はもちろん、食物繊維も豊富に含まれています。

さらに野菜の中でもずば抜けてタンパク質も多く含まれていることも特徴です。これほど優秀な食材があるのか、というくらい素晴らしい食べ物、それがブロッコリーなんです。

このブログを読んでいる方には、ぜひ日頃の食事にブロッコリーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

今回のテーマをおさらいします。

________________________________________

【ゴールを定めて、逆算しよう】

・ゴールを定めることで、「いま何をしなければならないのか?」が明確になる

【1日のリズムをつくろう】

・就寝時間と起床時間を決め、まずは3週間で試してみる

【バランスの良い食事に切り替えよう】

・過度な食事制限は避け、タンパク質、食物繊維、ビタミン・ミネラルを積極的に摂り入れる

 

タンパク質は、鶏肉、卵、お魚を摂取しましょう!

食物繊維は、きのこやわかめの入ったお味噌汁を摂りましょう!

ビタミン・ミネラルは、ダイエット中の食欲を少しでも抑えるために毎食摂取しましょう!特に、ブロッコリーは、ビタミン以外にも食物繊維やタンパク質も含まれる超優秀食材です!

いかがだったでしょうか?現状の自身の改善点は見つかりましたか?

このブログを読んで、少しでも多くの方がアクションを起こしていただけることを願っております!

今回解説した3つのポイントのうち、どれか1つでも実践すると、他の2つもきっとできるようになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ではまた次回のブログでお会いしましょう!

お知らせ

私は、愛知県名古屋丸の内と弥冨にてPRIVATEGYM 1st Placeを運営しております。

「本気で痩せたい方」「自分を変えたい」と強く思っている方にとっては非常にオススメなジムです。

ぜひ、無料カウンセリングへお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

【自己紹介】

1st Placeオーナー/村井 吾有

経歴:

・東証一部上場企業、上場企業の代表取締役や役員を指導

・大手モデル事務所所属のモデルを指導

・ TOTALセッション本数8500本以上

・TOTAL会員数344人

実績:

・ 2018年NPCJ  MIDJAPANCHANMPIONSHIP ノービス5位

・2019年NPCJ GOLLDEN MILLION CHANMPION SHIP オープン8位

・2019年 11/11に1st Place名古屋丸の内1号店をOPEN

2020 6/15に弥富店2号店をOPEN