みなさんこんにちは。

PRIVATEGYM 1st PlaceのMIKIです。 

前回のブログではダイエットを行う上で始めることについて解説いたしました。

スタートラインに立ったみなさんに、今回はダイエットをする上で意識することについて解説させていただきます。

それではスタート!

①食べる食材や食品を見分けるべし

ダイエットをする上でほとんどの方がカロリーを意識されているように見受けられます。

もちろんカロリーも大事ですが、体に入れるものの方が大事です。

例えば、バターのカロリーやオリーブオイルのカロリーが同じだとしても成分はもちろん、ダイエットや健康面は雲泥の差です。

まず、今食べている食事がダイエットに適しているかどうか見極めるようにしていきましょう。

②加工品・添加物などは避けるべし

加工品や添加物は本当に危険です!

ダイエットはもちろん健康をも害してしまいます。

中でも小麦粉や砂糖は特にです。

わかっていても、甘いものやパンを食べたくなってしまう…

そう、小麦粉・砂糖の共通点は依存です!

食べたらまた食べたくなってしまうし、食べなかったとしても食べたくなってしまうというもはやギャンブルみたいなものです。

ダイエットを本気で考えているのであれば断ち切る勇気も必要です。

大丈夫です!意外となくても平気になりますよ!

③しっかり睡眠をとるべし

子供の頃よく「寝る子は育つ」といわれませんでしたか?

ダイエットも同じです

“寝る子は痩せる”です!!

睡眠5.5時間のグループと睡眠8時間のグループで3週間脂肪燃焼の研究を行ったところ、睡眠8時間のグループが睡眠5.5時間のグループに比べ体脂肪の減少が1.2キロも違ったことが明らかになっています。

また死亡リスクの低減や病気にもかかりにくいという明らかな研究結果も出ています。

④よく噛むべし

あっという間に食事を終えていませんか?

慌ただしく食べる食事は胃腸の負担はもちろん、自律神経も乱れて体が疲弊状態に陥りかねません。

疲弊状態は人にもよりますが下痢や便秘、ストレス増などです。

もちろんこれらはダイエットにも影響します。

よく噛むことによって満腹中枢を満たすことはもちろん、精神の安定にもつながります。

一口の咀嚼は30回を目標に!

食事の時間もできるだけ20分から30分を心がけていただければと思います。

⑤生活リズムを一定にするべし

これに関しては、仕事などによって生活リズムが変化する方も多いと思いますので意識するだけでも大きく違います。

私たちが生活で時間を気にする時計があるように、体内にも体内時計があります。

ある程度一定にすることで、腸内環境もそのようにシフトチェンジするので、生活リズムを一定にできるよう心がけてみてください。

まとめ

①カロリーも大事だが、体に入れるものも超大事。食品の見極めを!

②加工品や添加物を避ける。特に砂糖・小麦粉

③寝る子は痩せる!

④よく噛むこと。咀嚼回数30回、食事時間20〜30分を心がける。

⑤生活リズムをある程度一定にできる方は一定にしていく。

最後までお読みいただきありがとうございました。

また次の投稿でお会いしましょう!バイバイ✋

お知らせ

弊社は愛知県名古屋丸の内と弥富にてPRIVATEGYM 1st Placeを運営しております。

「本気で痩せたい」「自分を変えたい」と強く思っている方にとっては非常にオススメなジムです。